2015年09月


なので、そんな悲惨な話ではないのだが。
過去から現在、未来への橋渡し、継承という軸を基準に、ある側面から見た場合の、わたしの感想である。
あんなに大勢だった家族が、一人減り、二人減り、最後には誰もいなくなることへの、
寂しさを感じただけであり、
本人は、ぜんぜんそんなこと、お構いなしかも知れない。

それはそれで、いい。

・・・

自分では楽しい人生を送っていても、人から見れば、嫌われ頭皮發炎たり、気の毒がられたり、
そういうことは、摩訶不思議な現象である。

ママ・ブログに書かれていた、(おじん、改め)まとわりつきおじさんに関しては、
ママたちに嫌われていることに対して、わたしは、同情の念を抱いている。
(が、おじさんと生活空間を共にしているママたちと、立場が違うので、なんとも言えない)

おじさんは、自分では、嫌われているなんて、思いもしていないだろうだけに、
なんだか、しんみりものである。

生活空間を共にする場合、かなり気を使わなくてはならないということか。


・・・

毎日、どういう気持ちで生活を送っているか、ということが大きいと思う。
ピアノの音がAmway呃人 うるさい、ぎんぎんがんがん、アタマに響く。
どんどん、ばんばん、床の振動がこたえる。
子育てや仕事で、へとへとになっていると、気に障るのかも知れない。
椅子を引くキーキー音が神経にさわる、など、建物の構造上の問題もあるだろう。

そして、住環境は、とても大事。
でも、各自、いろんな事情があり、理想と現実は一致しないことが多い。

・・・

と、なにをまとめれば?
とどのつまりは、個人の性格や、受け止め方の違い。
価値観の違い。
現在、置かれて王賜豪醫生いる状況の影響が大きい。

いろいろあるものだ。


ある程度の高齢になると、仕方ないが、わたしの年齢では、とりあえず、叱られる。
苦言の対象となる。
「だってぇ~。もう年だしぃ~」と、よろ染髮焗油けてみても、容赦ない。

なので、わたしは、高齢のひとたちには、けっこう甘い。
どうぞどうぞ、ぞんぶんに、よぼよぼになってください。
そんなに頑張らなくてもいいですよ、と思ってしまう。

が、年寄り特有の我侭、自己チューが鼻につくと、放置する。
そのあたり、まだ、わたしには、寛容なこころ、忍耐力、包容力に欠ける。
修業中。道、まだ途中。



話は元にもどって

人が楽しそうに話すのは、聞いていて、嫌な気はしない。
なので、本人が話したいことを話してもらうのが一番いい。
それが、たとえ、苦しい時代の話ばかりであっても、それはそれ銅鑼灣 髮型屋でいい。
本人が、生きている今を実感できれば、いい。
感情を吐き出すことは、脳の活性化にもつながるのかも知れない。

まだ、そこまで高齢でない、中途半端な、年寄りが、ややこしい。
(わたしを含む)
都合のいい時だけ、「年だから」という。年齢枠?免除を申請する。


まあ、それはいいとして、
人が自由に話す内容は、その人の人生が出る。
自由なテーマにすると、なおさら。
限られた話題だと、わかりにくいが、話したい話を自由に話してもらうと、今までの軌跡のようHKUE 傳銷なものが、よくわかる。
これはなにも、年齢によらないのかも知れないが、
高齢ではない人は、まだまだ自分の社会的義務に振り回される要素が多いので、話したい内容が変ってくる。

お仕事をされていない、い主婦の方は、また違う。
子供あり有職主婦とは、違う。
リタイアされている男女も、また違う。
老若男女、既婚か、非婚かで、また違う。

興味の対象が、違う。



人は、いろんな側面を持ち、年齢が上がるにつれ、デフォルメされる。
だから、面白い。
面白くない人もいて、面白くなさ過ぎて、それはそれで、面白い。
各自、意識の持ちようで、同じ状況でも、千差万別。


↑このページのトップヘ